簡単に血圧が下がった実例

簡単に血圧が下がった実例を紹介します。

簡単に血圧が下がった実例を紹介します。夜中に頭痛で起きてしまい、血圧を測ったら175をオーバー。翌日救急病院にて、高血圧緊急症を診断さてた。早くかかりつけ医を見つけて、体調変化に注意するように伝えられた。

 

以前に妻が夜中に突然、心臓部分が痛い、気持ち悪いとなり救急車で緊急病院へ行きました。
妻自身が心配性で良かったという事例ですが、すぐに手術室に入り、検査をすすめたところ心筋梗塞だった。

 

幸いなことに、心臓の末端の細い血管が詰まった状態で、大きな手術の必要もなく薬で治療することになった。

 

これは、先生によると、対応が早かったことと、心筋梗塞の場所が大事に至らない場所で、運がよかったですねと言われた。

 

心筋梗塞の発症した場所次第では大事に至っていてもおかしくないと言われた。

 

また、血管系の病気は予兆があまりなく、突然におそってくる怖さがあると、妻の事例で経験していた。

 

しかるに、いつも血圧は計測をしていたが、この日の夜中は、通常よりも25ほど高かったため、病院へ行くこと躊躇しなかった。

 

循環器系のかかりつけ医を見つけることから始めたが、まずは、血圧も朝、夜で通常の時もあることから、
すぐには降圧剤はのまず、運動療法、食事から始めましょうとなった。

 

まずは、毎日30分程度のウォーキングをはじめ、外食を極力やめ、塩分には気を付ける。

 

また、食材としては、たまねぎが効果的を聞き、たまねびを積極的に食べ、また青魚のEPAも積極的にとるように
しました。

 

その意識、行動の変化で、1週間もたたないうちに、けつあるが正常になってきました。

 

まずは、毎日、朝と夜には血圧をはかることで、こんなにも意識が変わるとは思いませんでした。